ニュース一覧

マナーを守ろう

ギフト

贈る時期と金額を考える

結婚内祝いというのは、結婚式に出席しなかったものの結婚祝いをくれた方に贈る品物を指します。どんな人であれ、結婚祝いをくれたのですからきちんとお礼の品を贈りましょう。ただし、これにはマナーがあります。まず、結婚内祝いを贈る時期というものがあるのです。直接、手渡された場合にはその場ですぐにお礼を言いましょう。郵送や宅配便でいただいた場合にも、まずはお礼状を出すことが礼儀です。そして、贈る時期としては、結婚式後1ヵ月以内が一般的だと言われています。この期間を目安に結婚内祝いを贈りましょう。ただし、1ヵ月を過ぎてから結婚祝いをいただくこともあります。この場合には臨機応変に対応することがポイントです。それから、結婚内祝いの品物は金額が大事です。通常、半返しをすることがマナーとなっています。例えば結婚祝いに現金1万円をいただいたのなら、5,000円相当の品をお返しするというわけです。結婚式に出席した人の場合、ほとんどが現金でお祝いをいただていることでしょう。そのため最初から金額が分かっているので半返しがしやすくなります。一方、現金ではなく品物で結婚祝いをいただけることもあります。この場合はその品物がどのくらいの金額なのか調べてみるしかありません。どうしても分からない場合には、3,000円から5,000円程度の品物をお返ししましょう。もしくはカタログギフトを利用するのもいいかもしれません。金額ごとに選べるようになっています。