ニュース一覧

お祝いに合わせて決める

プレゼント

同じ品とは限らない

結婚式の時に出席者に贈るものとして引出物があります。凝って選ぶときもあるようですが、あまり凝りすぎるともらって困る人もいます。シンプルなものの方がもらった人に気を使わせません。この時に考える時として、引出物はすべての人に同じものでいいかどうかです。参列してくれた人はお祝いをくれますが、金額は人によって異なります。親族や年齢的に上の人は多めに包んでくれていますし、若い人はあまり多く包めないときもあります。引出物においては、お祝いに合わせて決めるのが良いとされています。お祝いが多い人にはより高価なものにして、金額が下がるほど物の価格も下げるようにします。最近は当日にその場で渡すスタイルではなく、後で宅配するスタイルになりつつあります。当日に渡すとなると、その日のうちに金額をチェックして、誰に何を渡すかを慌てて決めないといけません。宅配なら式が終わった後でじっくり決められます。渡し間違いなどもしにくくなります。引出物には種類があり、3品にするといわれています。1品だと少なく感じますし、2品だと2つの割れるので良くないとされます。3つはちょうどいい数です。そのうち一品は食べ物のケースが多いです。鯛の尾頭付きや赤飯などの縁起物です。もう一つは焼き菓子などで、袋などに入ったちょっとしたものになります。これらの2品に関しては、すべての人に共通でも良いでしょう。残りの一品の内容を変えるようにしましょう。事前にどれくらいもらえるかの予測を立てると良いかもしれません。